ココロのままに

わたしと彼とカレの不思議な恋愛の記録日記です♡日常の徒然や彼との事、そしてカレとの事。恋愛してないと生きてる気がしないわたしの毎日です。

火曜日の夜

火曜日の夜に彼は来てくれた


2週間ぶり


とても久しぶりに感じた


実はわたしはキンチョーしていた



カレの無精髭にカオをスリスリするのが


大好きなわたしの為に


わざわざ剃らずにそのままにしておいて来てくれた


それだけでテンションあがった


わたしのヒゲ好きを覚えていてくれて


そーして来てくれた事がうれしくて



思いっきりスリスリした


翌日顔が赤くなってヒリヒリしてた笑



でも思う存分に顔を寄せ合えて幸せだった


わたしがそうしてる時


カレは時々チュッてしてくれて


それにまたキュンとした



今までの誰とのセックスより


カレとのセックスが好きって伝えたら


それは言い過ぎだと言われた



でも本当にそう



あんなふーになった事が今までない


優しくて甘美でとても幸せな時間


わたしの好きな様にさせてくれる


でもカレの好きな様にもされる


途中で笑ったり


ひと休みしながら


抱き合ったまま話したり



そのペースも大好き



カレがどう思ってるのかはわからないけど


わたしにとってはとても相性が良く幸せ



それだけじゃなく


わたしはカレのキラキラな大きな目や


笑ったカオ


独特の声


そして言葉


歌声


ドラマを叩く姿


自分の意見より他人の思いなところ


意外に男らしいところ


自分をしっかり持っているところ


変なこだわり



などなどあげるとキリがない



マメじゃないところ以外はぜーんぶ大好き




この気持ちは彼への気持ちと種類が違う




高校2年で初めて本格的に付き合った時から現在に至るまで


わたしは常に彼氏が2人いた


正反対のタイプの2人の彼氏



結婚していた時も彼氏は常に居た


彼氏が途切れた事がない



親友曰く


幼少期に依存出来なかった


存在を否定され続けていた


放置されていた


淋しかった


ノドから手が出るくらいに愛情が欲しかった



そのトラウマがあるからだと言われた




赤ちゃんの時でさえ


どんなに泣いていてもベビーベッドに置かれていたと聞いた



わたしの根底にある闇


いつも誰よりも淋しい



だからわたしには恋しいカレが必要


そして父親のような彼も必要




神さま

ごめんなさい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。