ココロのままに

わたしと彼とカレの不思議な恋愛の記録日記です♡日常の徒然や彼との事、そしてカレとの事。恋愛してないと生きてる気がしないわたしの毎日です。

落ちて落ちてアガる

台風で雨に濡れて風邪っぴきの毎日でした

お熱さんで寝込んだり


声はやっと取り戻しました


息子と電話している時に徐々に言葉が出だして


4回目の電話ではフツーに話せるよーになりました



おかえり、わたしの声〜☺︎



そして喜びも束の間


また奴にやられっぱなし

ハイ、いつもの元ダンナです


メール攻撃、鬼電

そして家まで来る始末

もう呆れて涙もあまり出なかった


もう下手な小芝居にしか見えなくて

半分笑えた

何をどーしたいのか全く理解出来ない


彼は台風のせいでお仕事大忙し

早朝から夜遅くまでめずらしく何の連絡もなあくらい追われていてお疲れMAX


カレは早朝バージョンのお仕事でテンション低いんだろーなとLINEもご遠慮

そしてカレには色々巻き起こる事件は何も話さない

今回も言わずにフツーにLINE


何度かやり取りしたくらいだった


それでも返事が来ると和めた




落ちに落ちた日があって


仕事が終わるのが遅がったのに彼が来てくれた


わたしの好きな甘いモノを持って



元ダンナとのやり取りで疲れ果ててたので


何の感情も無くなってた


考えたり現実を見つめる事から逃げて


起きては薬を飲んで眠り

また寝て起きては薬を飲み.....


彼の言った事も

自分が言った事もあまり記憶になかった


何を言ったのかよくわからないけれど

怒らせたり

ひどく傷つけてしまったみたいで

空気が変わったのは覚えてる


そして彼は帰って行った


その次の日

わたしが何を言ったか聞いた


日頃、思ってても言えなかった事だった


そしてウニウニと引きこもり続けてた



しかし、あと2週間でライブ本番というミッション



気持ちを切り替えて練習へ行った


お休みをしていたメンバーも加わり


すごく楽しい練習だった


良いスタジオたったのもあって


イイ音聞いて

思いっきり歌えて


全開で発散出来た



本当にバンドはいつもわたしの味方

いつも音楽に救われる



彼もカレも居るから和めたし


フツーに笑えるようになれた


喋りも好調

声も絶好調


練習後は深夜までうちの家でみんなでワイワイ



本当に楽しい仲間たち

みんな大好きー


と、やっと長かったトンネルから出る事が出来た


と、思ってたら思いがけないハッピーがーやってきたー

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。