ココロのままに

わたしと彼とカレの不思議な恋愛の記録日記です♡日常の徒然や彼との事、そしてカレとの事。恋愛してないと生きてる気がしないわたしの毎日です。

みんな日曜日

引きこもりの無職のわたしには曜日は関係ない

病院とクリニックとバンド以外は用事皆無


お天気も良さげ


昨夜は一睡も出来なかった

最近多い


ストレスだらけ

問題抱えすぎ


痛む身体

痺れる手足


あれもこれもしなければと頭の中で思い浮かべて絶望


何も出来ない

しようとしていないのかな


身体の不調はいつまで続く?


やる気も気力も過去に使い果たした


病気になるまでのわたし

今のわたし


まるで別人


でもどちらもわたし


もう11年


働いて働いてその辺のサラリーマンより働いて

そして遊んで

家事も完璧にこなさないと気が済まなくて

子育てにも手を抜かなかった

どんな時もお弁当を作り

休みの日には一日中キッチン

遅くなる日の為に作って冷凍

週に何度かは夜、元ダンナのBarでお手伝い

仕事終えて自転車を走らせBarへ

ゴハン食べる時間より睡眠

オシャレにも手を抜かず


仕事はクレームだらけだったけど

スタッフも徐々に増えて

ショップも大きくなり

走り回る毎日

やりがいがあって

使命感でいっぱいだった

ココロから天職だと思ってた


でも身体が悲鳴をあげてる事にすら気付かず


そしてわたしは壊れた


今も壊れたままのポンコツ

社会不適合者


呼吸してるだけ


誰かと居る時のみスィッチが入る

それが誰であろうと

息子と居た時さえも


ひとりのわたしを誰も知らない

わたしでさえ本当のわたしがわからない


そしてこんな日にはまた

誰のいちばんにもなれない.....って思う


遺伝?


淋しいな

そろそろ夕方ホリック

毎日そーなる

赤ちゃんみたい


あー、またこの感覚に襲われる

キライ

居ても立っても居られなくなる

何か大きな黒いモノがわたしに覆いかぶさってくるよーなこの感覚


そして焦燥感


何かに追い詰められる

それが何なのかわからないのに


昨日寝てないから余計に気持ちがざわざわ


もう薬を飲んで寝てしまいたい


ひとりにはやっと慣れてきたのに

いつまでたっても

いくつになっても

淋しさには慣れる事が出来ない


いい年して大人になりきれない


タチが悪くて

自分でもめんどくさい


氷みたいに溶けてなれればいいのに

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。