ココロのままに

わたしと彼とカレの不思議な恋愛の記録日記です♡日常の徒然や彼との事、そしてカレとの事。恋愛してないと生きてる気がしないわたしの毎日です。

呪縛

今朝方

母の夢を見て自分の悲鳴で目が覚めた


ハッキリと叩かれた感触や


首を絞められた感触が身体に残っていた



生霊だと思った


源氏物語の六条御息所を思い出してしまった




朝4時過ぎなのに息子に電話してしまった


起きていたみたいですぐ電話に出てくれた


病院に入れてもう5年も会っていない母が


夢に出て来てわたしを子どもの頃のように叩き


そして恨み憎み


殺されそーになったと伝えた



泣いてるわたしに夢だから大丈夫と息子は何度も言った


今日病院に行ってくると言ったけれど


かなり止められた


傷つけられるだけ


ひどい事を言われるだけ


帰りの運転が心配って



とにかく落ち着くねと電話を切った



ゴミ出しをしたり


昨日刈ってもらったツツジの葉を片付けたり


今日は門扉の職人さんが来るから


庭の雑草を抜いたりした


どんなに落ち込んでいてもココに来てからは


しなければいけない事がある



イイお天気の中汗かきかき作業していたら


少しココロが落ち着いた



とりあえず今日は会いに行くのはやめる事にした



それでも気持ちの切り替えが出来ず


いつもの様に身体中が痛くなって


寝込み中



色んな気持ちがココロの中でグルグル



幼い頃母にされた仕打ち


いつもひとりだった事


ろくに食事も作ってくれなかった事


一晩中庭に出されて入れてもらえず泣いていた事


手足を縛られて叩かれた事


おフロに閉じ込められフタをされ真っ暗でこわかった事


出かけたまま夜遅くまで帰って来てくれなくてドアの前に何時間も座って待っていた事


夜中目が覚めたらひとりきりでこわくてたまらなかった事


電気のコードで手首を括られ洋裁のモノサシで何度も叩かれた事


スリッパで叩かれて畳の縁に捕まって耐えてた事



この子どもの頃の記憶は今でも消えない



そのココロの片一方で


女としてはかわいそうな人


とことんお姫さま育ちで自分では何も出来ない人


常識も知らなくて保険や役所への手続きなども一切出来なかった人


ギャンブルにハマってクビが回らなくなった淋しい人


わたしの息子、孫にさえ愛情を注げなかった人




もし死んだらわたしは後悔するのか


もっと会いに行けばよかったと


それとも自業自得だからと割り切れるのか



今日は母の呪縛から逃れられない


色んな情景が浮かんでは消える



どうしようとも後悔はするのかな



罵られても飛びついてクビを絞められても


カオを見に行くべきなのかな



彼にも止められた


何も傷つきに行かなくてもいいと


そして息子と同じく帰りの運転が危ないと



引っ越してかなり遠くなったから

それはわたしも不安



こうして一緒に居なくて


そして引っ越してもなお


未だわたしは母に苦しめられ続けている


逃れられない呪縛

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。