ココロのままに

わたしと彼とカレの不思議な恋愛の記録日記です♡日常の徒然や彼との事、そしてカレとの事。恋愛してないと生きてる気がしないわたしの毎日です。

それから、、、

何かしら起こりつつ


もう冬が来た


ココに引っ越して3つ目の季節



かなりの寒さにわたしはもう冬鬱が始まった


毎年こうなる


寒さがわたしの意欲全てを奪ってしまう



前のマンションよりもかなり寒いから憂鬱



クリニックの先生にも主治医もお手上げと


言われてしまった



この二日間はほぼ寝たきり


身体が痛くて動けない



仕事を2回辞めて


また無職



働かなければ、、、という気持ちと


家に引きこもってこのまま朽ちてもいいや、、、って気持ちが


交差する



仕事するのがこんなに苦痛になるなんて


あの頃の自分からは考えられない


あの職場で全て使い切ってしまった



あまり出かける事も無く


人が来る事もほとんど無く



あ、誕生日には愛しのぼっちゃんが帰って来てくれて


ココロがかなり癒やされた


でもその後の淋しさは百万倍、、、



彼は毎日仕事の帰りに家に寄る


カレも時々来てくれる


前の家に居る時よりも格段に会う回数は増えた



それでも欲張りなわたしは


もっと会いたい


もっと一緒に居たい


お泊りしてほしーと


どんどん望みが大きくなってしまう



彼は最近少し病み気味


だからとても気を遣う


難しい話は極力しない


ひたすら能天気に無邪気な話をして笑ってもらわないと!、、、と必死



カレは相変わらずのマイペースさん


それでもわたしの好きは大きくなって行く



多分カレの想像よりも


わたしの好きはおっきいと思う



毎年必ずしてきたわたしの誕生会も出来なかった


カレはこの前までとても忙しかった


仕方ない、、、



それからわたしの体調はずーーっと悪目


お粥さんしか食べられなくて


体重もかなり減った


時々食べられる日は頑張って食べる!



余計に体力が無くなってすぐに疲れる


今の病気に低体温、低血圧もあって


免疫力がほとんどない


て、事はすぐ風邪をひく



そして風邪っぴき真っ只中なう



そしていつものループ


体調が悪いと落ちる


そして冬鬱


春までわたしはいつもダメ


そんなダメダメがすでにスタートしていて


いつもの手足のダルさで


動けずにいる


冷蔵庫もカラッポ



でも家から出られない


今日は半泣きで市役所に手続きへ



脱水もひどくすぐに手が痺れて足がつる


暑い時のように水分が取れない


気をつけて摂るよーにはしていても



おコタでウトウトしたりしたら一発でダウン



めんどくさい身体


めんどくさい性格


ほんとにわたしはわたしを操作出来ない



これからの季節またどんどん落ちるのか


引っ越したから大丈夫なのか


まだわからない



寒いと淋しい気持ちが大きくなる

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。