ココロのままに

わたしと彼とカレの不思議な恋愛の記録日記です♡日常の徒然や彼との事、そしてカレとの事。恋愛してないと生きてる気がしないわたしの毎日です。

妄想遊び

あまりにも落ち込む日が続いて


眠れず

食べれず

泣きっぱなし

相変わらず声も出ない


昨日はカレにフラれてさらに凹んだけれど


カレに依存してはいけない


なのでポジティブな妄想でひとり遊びする事にした


カレの背中が好きでいつも触ってる


とってもキレイでスベスベ


お尻から背中のラインがとても綺麗


そこを撫でるのが大好き


ゾクゾクしてしまう


妄想しててもドキドキするくらいに


その間カレもわたしの身体に触れていてくれる


そういう何気ない時間がたまらなく好き


ただ黙って腕枕でお互いの身体に触れている


時々キス


カレの肩や頰にもキス


カレもわたしの肩や顔に唇で優しく触れてくれる


何よりもこれが好き


身体中全部唇でなぞられるとゾクゾクして脳がしびれる感覚


やっぱりわたし変態かな


そしてわたしがカレの身体中にチューするのも大好き


カレが感じてビクンとなる度にわたしもコーフンしてしまう


初めの頃はあんなに恥ずかしくて汗だくで震えていたのに.....


今はキンチョーしてるけどかなり慣れてきた


だいぶ素でいられる


彼には言えない事もカレには言えてしまう


どーしてこんなに好きなんだろーと凹む


好きで凹むなんておかしい話だけど


これ以上好きになってはいけないから


ちゃーんと振り分けて気持ちをコントロールしないといけないから


彼はもう生活そのもの

カレは幸せな夢


彼が本当にわたしを大切に優しくし過ぎるから少し冷めてしまう部分がある


特にわたしの声が出なくなってから

病人のような扱いでゴハンも作ってくれる


落ち着くようにギューしてあげよう とか

眠るまで側に居るから と

大サービスっぷり


彼の愛情だと感謝しないといけない


でもハンターのわたしは追いかけてないとつまらない


だからついつい素っ気ないカレの方を向いてしまう


彼も前は結構クールでわたしが追いかけてたのにいつの間にか立場が逆転した


その頃はそれをとっても願ってたのに


いざ逆転すると途端に気持ちが冷めていく


この前ケンカした時に伝えた


すぐに謝ってきて態度を改めるから許してほしいとLINEがくる


その態度に自分の気持ちが冷めそうでこわいからやめてって伝えた



今日は雨の13日の金曜日


午前中は用事で少し外に出た


水曜も今日も病院には行く気持ちになれなくて


キャンセルしてもらった


彼とは最近セックスしていない


彼がとってもお疲れなのと


会う日はたいがい何か事件が起こってわたしが泣いてたりするからそんな気にならないのと

すごく看病されてる感


そんなこんなで長くしていない



カレとの方が多いし濃ゆい


肌が合うってこういう事か.....ってわたしは思ってる


ただ触れてるだけですごーく心地よい


抱きしめられるだけでも満足


カレがどう思ってるのわからないけれど


たくさーん付き合ってきたメンズの中で


わたしはカレといちばんセックスの相性がいいと思う


これがさらに好き度増してしまう要因


方法というか

やり方?

んー、何と言えばいいのかわからないけれど

カレのセックスがいちばん好き


溺れるってこういう事なのかな


もちろんそれだけじゃないですー


好きなところはたくさんあって


それを確認する度にひとりで


あー、そこが好きな言い回し!とか


今の声!とか


その不器用な優しさー!とか


ココロの中で叫んでるわたし


会ったところなのにこんなにすぐまた会いたい



きっと今頃お仕事頑張ってるなー


風邪気味のわたしは悪化する前に予防!

ベットで過ごしています


雨の日は身体が全くダメです


しびれて痛い


ぼんやり

ひたすらのんびり

ココロを空っぽにして

頭を休めて


早く声が出ますように.....

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。